急性中耳炎の症状や治療|京都市伏見区墨染のやまもと耳鼻咽喉科医院

急性中耳炎

  • HOME
  • 急性中耳炎

急性中耳炎とは

中耳炎とは、風邪などの感染症がきっかけで、鼻から、耳管という耳と鼻をつなぐ「管」を通って、鼓膜の奥の中耳という場所に細菌が感染することで起こります。
特に、耳管が太くて短い幼少期になりやすい傾向にあります。お子様は風邪などもひきやすいため、大人よりもお子様の方がかかりやすい病気です。

急性中耳炎の症状

風邪などで中耳に細菌が侵入し炎症が起こります。その炎症により中耳に膿が溜まります。膿が溜まることで鼓膜が腫れるため、ズキズキとした耳の痛みが起こります。炎症により、

  • 発熱
  • 耳だれ(耳漏)
  • 耳が詰まる感じ(耳閉感)
  • 難聴

などが起こります。

特に、お子様の場合は耳の痛みを上手に伝えられず中耳炎が見逃されるケースもあります。
不機嫌が続く、ぐずっている、耳を気にして触っているなどの状態が風邪が治った後も続いているようであれば、中耳炎の可能性があるので耳鼻咽喉科を受診しましょう。約80%のお子様が3歳までに1回は急性中耳炎になると言われています。

中耳炎の治療では、痛み止めやお薬を処方して、まずは様子を見ます。それでも症状が止まらない場合は、鼓膜切開をして中耳の中にある膿を取り出す場合もあります。

急性中耳炎はそのまま放置しておくと、鼓膜の奥に滲出液という液体がたまる「滲出性中耳炎」や、鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれ(耳漏)を繰り返す「慢性中耳炎」に変わる場合があります。
滲出性中耳炎の場合、難聴の症状が出たり、慢性中耳炎の場合、顔面神経マヒを起こしたりする場合があるため、放置せずに適切に治療をしましょう。

急性中耳炎の治療

中耳炎の治療では、痛み止めやお薬を処方して、まずは様子を見ます。
大人の患者さんには抗生剤の内服で治療を行いますが、小さなお子様に対してはガイドラインに従い、まずはお鼻のコントロールや症状の緩和などの治療で快方を目指します。お鼻の処置(鼻吸い)やネブライザー治療を定期的に行うことも有効です。
症状の具合によっては何度か通院いただき、処置を行うことをおすすめしています。

一度症状が治まっても完全に治癒していない場合症状を繰り返すことがあります。治ったように感じた場合も鼓膜を診ると完治していない場合があります。
最後までしっかり治療を完了することも重要です。

急性中耳炎は悪化すると滲出性中耳炎(鼓膜の中に水が溜まる)になってしまい、治療が長引くことや、重症化する場合もあるので注意しましょう。
症状が止まらない場合は、鼓膜切開をして中耳の中にある膿を取り出す場合もあります。

中耳炎の治療中のプールやお風呂について

耳の中に水が入ることで中耳炎になることはありません。中耳に水が到達することはありませんので、お風呂に入ったり、水遊び程度のプールは問題ありませんのでご安心ください。ただし、プールで潜ったり、スイミングスクールに通っている場合は鼻から圧力がかかり、中耳炎が悪化する可能性があるため治療中は控えていただくようお願いしています。
プールについては個別の症状によって可否をご案内しますので、プールの予定がある場合は医師にご相談ください。