子供によくある耳鼻喉の症状

  • HOME
  • 子供によくある耳鼻喉の症状

お子様にこんな症状はありませんか?

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 目の充血
  • 呼んでも返事しない
  • いつもと様子が違う

このような症状でお困りの場合はご相談ください。

お子様の異変に早く気づいてあげてください

「呼んでも返事をしない…」という場合は、もしかして難聴かも?

お子様に声をかけても反応しないという場合、難聴の可能性があります。保護者の方も、何となく異変に気づいているものの、「おもちゃに夢中になっているから、気づかないのかな?」と良い風に考えがちです。その後、保育園や幼稚園に行き出して、先生などのまわりの方に指摘されて気づくケースが少なくありません。難聴は、早めに受診することが大切です。早期に適切な治療を開始することで、改善させられる可能性もあります。なので、少しでも「おかしいな?」「変だな?」と思われたら、そのままにせずに当院までご相談ください。

子供のよくある病気

耳垢による外耳炎

外耳炎は、細菌に感染して、耳の入り口から鼓膜までの皮膚に炎症が起こる症状をいいます。耳そうじをする際に強く引っかいたり、プールで耳に水が入ったり、耳垢が溜まり過ぎたりして傷ができると、その傷から感染します。ただし、耳垢には殺菌の役割もあるため、耳かきのし過ぎも注意が必要です。

主な症状

耳の痛みや、かゆみ、耳が聞こえにくいなどの症状が現れます。症状が進行すると強い臭いを伴う耳だれが出るようになります。

治療方法

耳垢を取り除いて耳をきれいに消毒した後、お薬を塗ります。耳の炎症や痛みがひどい時には、抗菌剤や鎮痛剤を服用することもあります。外耳炎が治るまでは、できるだけ耳を触らないに気をつけてください。

急性中耳炎

風邪などの感染症がきっかけで、鼻から、耳管という耳と鼻をつなぐ「管」を通って、鼓膜の奥の中耳という場所に細菌が感染することで起こります。

主な症状

耳が痛む、耳だれが出る、耳が聞こえにくくなる(難聴)、発熱などの症状が出ます。特に、耳管が太くて短い幼少期になりやすく、風邪などもひきやすいため、大人よりも子供の方がかかりやすい病気です。

治療方法

痛み止めやお薬を処方して、まずは経過を見ます。それでも症状が止まない場合は、鼓膜切開をして中耳の中にある膿を取り出す場合もあります。

咽頭結膜熱(プール熱)

「咽頭結膜熱(プール熱)」とは、鼻水、目やに、便などに棲むアデノウイルスに感染することで起こる感染症です。プールを介して流行する場合があることから、「プール熱」とも呼ばれています。

主な症状

38~39℃以上の高熱が数日間続き、喉の痛み、目の充血、目の痛み、目やになどの症状が現れます。そのほか、頭痛、吐き気、腹痛、下痢を引き起こすこともあります。中耳炎になるケースも少なくないので、注意が必要です。

治療方法

アデノウイルスの感染の有無は、迅速検査ですぐにわかります。当院では、アデノウイルスの迅速検査キットをご用意しています。治療方法は、対症療法が中心となり、目に現れる症状が強い場合には、眼科をご紹介するケースもあります。

溶連菌感染症

「溶連菌感染症」とは、鼻水などに棲む溶連菌に感染することで起こる感染症です。菌が喉や鼻などに侵入することで起こります。

主な症状

38℃以上の発熱のほか、喉の痛みなどの症状が現れます。吐き気・嘔吐、腹痛をともなう場合もあります。赤くて小さな発疹が首から胸にかけて、また全身に広がったりすることもあり、舌にも同様の症状がみられるケースもあります。

治療方法

溶連菌の感染の有無は、迅速検査ですぐにわかります。当院では、溶連菌の迅速検査キットをご用意しています。溶連菌感染症に対しては、抗生物質を使った治療が中心となります。

RSウイルス感染症

「RSウイルス感染症」とは、RSウイルスに感染することで、咳などの上気道の症状が現れる感染症です。RSウイルスは感染力が強いため、ほとんどのお子様が2歳までに感染し、その後も再感染を繰り返すとされています。

主な症状

鼻水、咳、発熱などの上気道の症状が現れるほか、「ゼーゼー」という異常な呼吸音が出ることもあります。生後6ヶ月など、乳児は重症化する恐れがありますので注意が必要です。

治療方法

RSウイルスの感染の有無は、迅速検査ですぐにわかります。熱に対して解熱剤を使用したり、「ゼーゼー」という喘鳴(ぜんめい)に対して気管支拡張薬を使用したりするなど、対症療法を中心に行います。

マイコプラズマ感染症

「マイコプラズマ感染症」とは、マイコプラズマに感染することで、咳や熱などの症状が現れる感染症です。風邪と症状が似ていますが、「咳が3~4週間と長引く」という特徴があり、進行すると肺炎になるケースもあります。マイコプラズマ感染症は飛沫感染することがあるため、職場や学校などで集団感染を起こすことがあります。

風邪、インフルエンザの症状もご相談ください

風邪、インフルエンザの症状もご相談ください風邪やインフルエンザなどの症状がある場合、内科や小児科を受診されることがあると思いますが、耳鼻咽喉科でも風邪やインフルエンザの治療は受けられます。鼻水、鼻づまり、喉の腫れなどの症状がある場合には、耳鼻咽喉科へご相談いただくことで症状が早く和らぐ場合もあります。京都市伏見区のやまもと耳鼻咽喉科医院でも、風邪やインフルエンザの治療を受けていただけます。胸のレントゲン検査が必要な場合や、当院で処置が困難だと判断した場合には、適切な医療機関をご紹介させていただきます。

お子様の診察時のお願い

お子様の診察時の、注意点やお願いについて、下記をご覧ください。

お子様の診察について


ネット予約