舌下免疫療法とは|京都市伏見区墨染のやまもと耳鼻咽喉科医院

アレルギー症状の治療法・舌下免疫療法

  • HOME
  • 舌下免疫療法

アレルギー症状の治療法・舌下免疫療法

日本の国民病ともいわれるスギ花粉症は発症する方が年々増加傾向にあります。
また、近年アレルギー性鼻炎発症の低年齢化も問題視されています。
そんな中で、日本人に最も多いと言われているスギ花粉症、ダニ(ハウスダスト)アレルギーの根治治療が期待できる舌下免疫療法を当院では行っています。

  • 毎年花粉シーズン憂鬱な気持ちになる方
  • スギ花粉症シーズンは薬が手放せない方
  • 抗アレルギー薬の眠気などの副作用がきつい方
  • スギ花粉症、ダニ(ハウスダスト)アレルギーの根治を望む方
  • 行楽シーズンに気持ちよくレジャーを楽しみたい方
  • 将来の受験に向けてスギ花粉症を治しておきたい方

是非一度舌下免疫療法を検討してみてはいかがでしょうか?

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)とは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が含まれた治療薬を少量ずつ体内に取り込むことで、身体を徐々にアレルゲンに慣らしていき、アレルギー症状の緩和や根本的な体質改善を目指す治療法となります。

スギ花粉症・ダニ(ハウスダスト)アレルギー性鼻炎に対して症状を抑える効果が期待でき、5歳以上から治療が可能です。

スギ花粉症はスギ花粉の飛散時期には治療を開始できません。そのため、飛散が終わる6月から11月頃に治療を開始します。
ダニアレルギーの場合は、いつでも治療開始できます。
まずはスギ花粉症、ダニ(ハウスダスト)アレルギーがあるかどうかを調べる必要がありますので当院までご相談ください。

治療方法

1日1回、治療薬を舌の下に置き、一定時間保持したあと、飲み込みます。毎日のことになりますが、歯磨きの前など決めた時間に行うなどで習慣化することで継続に繋がるため、毎日服用のタイミングを決めることを当院ではおすすめしています。

初めての服用は、クリニックにて行い、2日目からはご自宅で服用します。
しばらくは通院し経過観察を行いますが、経過良好となれば、その後は、月1回の通院で治療が可能(自宅での舌下投与は毎日必要)です。
治療期間は約3~5年継続する必要があるとされています。
長期の治療となるため根気強く行っていく必要がありますが、治療の途中でも症状の軽減を実感する方もいます。

期待できる効果

舌下免疫療法は、根本的な体質改善を促す治療法になりますので、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状の消失、または軽減が期待できます。
あるデータによると約80%の方が効果を感じたと言われています。仮に症状が完全に抑えられない場合でも、治療薬を減らすことが期待できます。

副作用

治療を開始すると、口腔や唇のかゆみ・腫れ、鼻水、喉の炎症や違和感といった症状が出る可能性がありますが、大半の患者さんは1ヵ月程度で抵抗力が付き、徐々に治癒していきます。
また稀に重篤な副作用(アナフィラキシーショック)が発生する可能性があります。
そのため、1回目の投与の際は、しばらくクリニックの中で安静にお過ごしいただき、副作用が起こらないか確認をさせていただきます。

注意点

妊娠中・妊娠希望の方、重症な喘息・重い心臓疾患がある方は、治療を受けることはできません。
スギ花粉症、ダニ(ハウスダスト)アレルギー以外には適応がありません。

治療費

舌下免疫療法は保険適用となりますので、中学3年生までは、「子ども医療費助成」の対象です。
高校生以上、大人の方は、1ヶ月あたり約3,000円程度の費用(保険3割負担の場合)になります。

※「子ども医療費助成」については、京都市情報館ホームページにて詳しい掲載があります

ご家族そろって治療を始められます

当院では、子どもから大人の方(65歳までを目安としています)まで舌下免疫療法を実施しております。
ご自宅で服用でき、薬剤自体に味や苦みなどもないため、小さいお子様でも安心して治療を継続できます。
家庭でも取り組みやすく、家族そろってできる治療法といえるでしょう。
ご家族や兄弟で声を掛け合いながら一緒に継続することで、毎日の服用が習慣化するためおすすめです。

昨今はアレルギー性鼻炎の低年齢化が進んでいます。
将来受験を控えたお子様であればお早めの治療開始を推奨します。
舌下免疫療法をご検討の場合はまず当院までお気軽にご相談ください。