耳の症状について

  • HOME
  • 耳の症状について
クリックすると記事へ移動します

耳の主な疾患・症状

耳の症状の中で、よくある相談の疾患について、まとめています。該当する、または似たような症状がある場合は、ご相談ください。

中耳炎

中耳炎中耳炎とは、風邪などの感染症がきっかけで、鼻から、耳管という耳と鼻をつなぐ「管」を通って、鼓膜の奥の中耳という場所に細菌が感染することで起こります。通常のこれらの中耳炎は「急性中耳炎」といい、耳が痛む、耳だれが出る、耳が聞こえにくくなる(難聴)、発熱などの症状が出ます。特に、耳管が太くて短い幼少期になりやすく、風邪などもひきやすいため、大人よりも子供の方がかかりやすい病気です。中耳炎の治療では、痛み止めやお薬を処方して、まずは様子を見ます。それでも症状が止まない場合は、鼓膜切開をして中耳の中にある膿を取り出す場合もあります。

放っておくと「滲出性中耳炎」や「慢性中耳炎」にも

急性中耳炎はそのまま放置しておくと、鼓膜の奥に滲出液という液体がたまる「滲出性中耳炎」や、鼓膜に穴が開いたままになり、耳だれ(耳漏)を繰り返す「慢性中耳炎」に変わる場合があります。滲出性中耳炎の場合、難聴の症状が出たり、慢性中耳炎の場合、顔面神経マヒを起こしたりする場合があるため、放置せずに適切に治療をしましょう。

急性中耳炎について

こんな症状があればご相談ください。

  • 耳が痛い
  • 耳だれが出る
  • 耳が聞こえにくい
  • 耳が詰まる、など

外耳炎

外耳炎外耳炎は、細菌に感染して、耳の入り口から鼓膜までの皮膚に炎症が起こる症状をいいます。例えば、耳そうじをする際に強く引っかいたり、プールで耳に水が入ったり、耳垢が溜まり過ぎたりして傷ができると、その傷から感染します。外耳炎の治療では、耳垢を取り除いて耳をきれいに消毒した後、お薬を塗ります。耳の炎症や痛みがひどい時には、抗菌剤や鎮痛剤を服用することもあります。外耳炎が治るまでは、できるだけ耳を触らないに気をつけてください。

外耳炎について

こんな症状があればご相談ください。

  • 耳がかゆい
  • 耳を押したり、引っ張ると強い痛みを感じる
  • 耳が聞こえにくい
  • 耳だれが出る、など

めまい

めまいめまいの原因は様々ありますが、主な原因として、「耳からくるめまい」「脳からくるめまい」「心因性(こころ)めまい」があります。耳鼻咽喉科では耳からくるめまいに対して検査・治療を行うことができますので、めまいでお悩みの方は、一度、ご相談ください。頭痛を伴う場合は、救急病院で精査後、受診をしてください。めまいの治療としては、主にお薬での治療を行います。

めまいの検査

検査では、めまいを引き起こす病気の判別を行います。鼓膜の状態や、聴力検査、眼振(めまいの際に生じる独特な眼の動き)の確認、体のふらつき具合・重心の動きの確認などを行います。症状によっては、画像検査ができる専門施設をご紹介する場合もあります。

こんな症状があればご相談ください。

  • 目の前がぐるぐるする
  • ふわふわ、浮いたような感じがする
  • 歩いているとふらつく、など

耳鳴り

実際には鳴っていない音を感じる「耳鳴り」は、一般的に難聴をともなって現れるものが多いのですが、原因は様々で、耳の経路のどの部分に異変があっても起きます。耳の中で「キーン」という高音やモーターのような音や、セミの鳴くような音などの症状を感じられたら、耳鳴りの可能性がありますので、なるべく早めに受診されることをおすすめします。耳鳴りの治療については、現在のところ特効薬はありませんが、急な耳鳴りの場合は、ステロイド治療などが可能で、長期の耳鳴りでも内服治療が可能です。

耳鳴りについて

こんな症状があればご相談ください。

  • 耳や頭の中でキーンと高音がする
  • 耳や頭の中でセミの鳴くような音がする、など

難聴

耳が聞こえづらくなる「難聴」には、原因が様々ありますが、「伝音性難聴(耳の穴や鼓膜、中耳に異常がある)」や、「感音性難聴(内耳や神経に異常がある)」、混合性難聴、加齢による難聴や突発性難聴などがあります。また、中耳炎やメニエール病などの難聴の症状をともなう耳の疾患もあります。耳が聞こえづらいと感じることがあれば、なるべく早めに受診して適切に治療するようにしましょう。突発性難聴は、2週間以内に治療しないと治らない可能性が高まります。


ネット予約